単身赴任

単身赴任のインターネット回線はポケットWiFi|おすすめ厳選3社を徹底比較!

どうも!

単身赴任で一人暮らし中の「ほのボーノ」です。

ほのボーノ
ほのボーノ
単身赴任で一人暮らしのインターネット回線は、ポケットWiFiがおすすめです。

結論!ポケットWi-Fiを提供している主要10社から3社へ厳選し徹底比較した結果

実質月額料金を最も安くする方法は、『THE WiFi』
快適さを求めるのならWiMAXを『Broad WiMAX』から申し込むことでした。

単身赴任中のインターネット回線はどれがいいの?

ポケットWiFiの選び方が分からない!

おすすめのポケットWiFiを知りたい!

など単身赴任で一人暮らしのインターネット回線でポケットWiFiを選んでも大丈夫なのかな?やはり光回線にしておくべき?そう不安になり悩みますよね。

それにポケットWiFiは多くの会社が提供しており、自分に合うポケットWiFiを選ぶには時間や知識が必要になります。

そこで今回は、そんな悩みがある方に、単身赴任中の私が「インターネット回線にポケットWiFiをおすすめする理由」や「ポケットWiFiおすすめの選び方」を解説します。

ポケットWiFiの選び方だけでなくポケットWiFi各社の比較も分かりやすくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

単身赴任マニュアルを作成!経験者が教える単身赴任生活の全て
【単身赴任マニュアル】経験者が教える単身赴任生活の全て!初心者必見です単身赴任の一人暮らしに役立つ情報を発信しています!基本編、お金編、生活編、メンタル編、プレゼント編。単身赴任を予定している人も!すでに単身赴任をしている人も!単身赴任について知りたい方は必見です。 ...

⇒ポケットWiFi10社の比較表をすぐに確認したい方はこちら
⇒おすすめ厳選3社のポケットWiFi詳細をすぐに確認したい方はこちら

レアキャラ
レアキャラ
あなたに合う項目から読み進めてくださいね。

ポケットWiFiにするか悩んでいる人は①~③を読み進めするのがおすすめ。

すでにポケットWiFiを検討中の人は④~⑦を読んでみるのがおすすめ。

この記事で分かること
  1. 単身赴任のインターネット回線はポケットWiFi|選択肢は5つ!
  2. ポケットWiFiと光回線の違い
  3. 単身赴任のインターネット回線でポケットWiFiをおすすめする理由
  4. ポケットWiFiの選び方!比較のポイント
  5. おすすめポケットWiFi10社を一括比較!
  6. おすすめポケットWiFi3社に厳選!
  7. 厳選したポケットWiFi3社はこんな方におすすめ
  8. まとめ:単身赴任のインターネット回線はポケットWiFiがおすすめ

単身赴任のインターネット回線はポケットWiFi|選択肢は5つ!

単身赴任のインターネット回線の選択肢

まずは、単身赴任のインターネット回線の選択肢とそれぞれのメリットデメリットを紹介していきます。

ネット回線の選択肢は5つ

ポケットWiFiを利用する
固定の光回線を引いてWiFi環境を作る
スマホのテザリングでWiFiを利用する
インターネット(WiFi)付き賃貸物件で利用する
公衆のフリーWiFiを利用する

1.ポケットWiFiを利用する

ポケットWiFiを利用する

単身赴任や一人暮らしのインターネット回線はポケットWiFiがおすすめです。

一人暮らしに便利、外へも手軽に持ち運べて、いつでも自由に利用できるので固定の光回線よりもポケットWiFiがおすすめです。

スマホよりデータ容量が多く、月100GBやデータ無制限プランなどもあります。

ポケットWiFiを持ち歩くことで、スマホのデータ容量を節約することができますよ。

ポケットWiFiのメリット

  • 回線工事不要ですぐネットができる
  • 家だけでなく外でも使える
  • 単身赴任の期間が未定でも問題なし
  • 通信速度も速くネットや動画もサクサク見れる

ポケットWiFiの最大のメリットは「すぐ使える」「外でも使える」そして、スマホの料金を見直すことで、毎月の通信料を節約することができます。

光回線だと契約してから工事を行うので、実際に使えるようになるまで数週間かかりますし、工事立会いなど面倒なところもあります。

また、家族のいる自宅への帰省中や旅行中にも、データ容量を気にせず動画を見れるので便利です。

通信速度もネットや動画ならストレスなく見れます。

ほのボーノ
ほのボーノ

単身赴任先から引越しが必要になった場合にも、ポケットWiFiを引越し先に持っていけばいいだけなので、引越しごとにインターネット契約・解約する必要がないよね。

格安スマホを検討し通信費を節約しましょう。 

ポケットWiFiのデメリット

  • 通信量に制限がある
  • 高画質のオンラインゲームには不向き
  • エリア外だとネットにつながらない

ポケットWiFiには「3日で10GB」や「月100GB」という通信の制限があります。

10GBというとYouTubeの標準画質で47時間は見られるので普通に使っていれば超えることはありません。

大抵のゲームであればポケットWiFiで可能ですが、おもに通信速度が重視されるオンラインゲームなどをプレイしたいと考えているのであれば、光回線のほうがおすすめです。

WiFiのエリア外だとスマホと同様に電波が入らないような場所もあり、ネットが利用できない状況になります。

ほのボーノ
ほのボーノ
WiFiエリアが心配な人へ!
実際に利用してみないと分かりませんよね。
端末到着後8日以内の申請で契約キャンセルが可能です。

2.固定の光回線を引いてWiFi環境を作る

固定の光回線を引いてWiFi環境を作る

先ほど説明したように単身赴任や一人暮らしであれば、固定の光回線を引くよりもポケットWiFiの方がおすすめです。

しかし、ゲーミングPCなどを持っていて、高画質のオンラインゲームをしたい方には、ポケットWiFiより固定の光回線の方がおすすめです。

その他にも「3日で10GB」や「月100GB」を超えての利用など通信制限が気になる方は光回線にしましょう。

光回線のメリット

  • 回線速度が速い
  • 回線が安定している
  • 通信制限がない

光回線のメリットは、ポケットWiFiよりも通信速度が速くて安定してることです。

家族全員で使うときにはデータ通信無制限が安心ですが、単身赴任の一人暮らしであればポケットWiFiの「3日で10GB」や「月100GB」という通信制限は1人ではそうそう超えるものではないですよね。

それとは反対に、一人暮らしだけどその通信制限を超えて利用するという方には、光回線がおすすめになります。

ほのボーノ
ほのボーノ
通信制限をオーバーする人は光回線だね。
ほとんどの人はポケットWiFiでどうにかなるよ!

光回線のデメリット

  • 工事費がかかる
  • 工事の立会が必要
  • 外では利用できない
  • WiFiルーターの購入が必要
  • 解約時に工事費の残債や撤去費用がかかる
  • 契約期間内の解約は違約金がかかる

光回線には、工事が必要になります。工事の予約をして開通するまでには、最低でも数週間かかりますし、工事立会いなど面倒なところもあります。

また、単身赴任をしている期間にもよりますが、契約期間内に解約をするという事になれば違約金を負担しなくてはなりません。

よって、単身赴任中や一人暮らしのネット環境に光回線はおすすめできません。

ほのボーノ
ほのボーノ
・光回線の利用料
・プロバイダー料金
・ルーターのレンタル料金
・工事費用
・契約事務手数料
・違約金
トータル費用で見ると高くなり、手間もかかるんだね。
 

3.スマホのテザリングでWiFiを利用する

スマホのテザリングでWiFiを利用する

スマホのテザリングはポケットWiFiや光回線とは違い、家ではほとんどネットを使わない方向けの選択肢ですね。

スマホのテザリングでインターネット環境を簡単に準備できます。

しかし、スマホで契約したデータ容量が利用できるデータ通信量ですので、やはりネットをあまり使わない方にしかおすすめできません。

データ容量が多いプランや追加でデータを購入することもできますが、月額の利用料金がかえって高くなってしまうこともあります。

デザリングとは、スマホをポケットWiFiのように使って、パソコンなどを利用する機能のことです。

テザリングのメリット

  • スマホの料金に含まれているのでお金がかからない

月のデータ使用量を確認して、それ以上使用しないよ!というような人は無理にポケットWiFiや光回線の契約はせずにテザリングでいいかもしれません。

ほのボーノ
ほのボーノ
節約したい人にはおすすめの方法ですね。 

テザリングのデメリット

  • 通信速度が思ったより出ない
  • 通信制限が気になる
  • スマホのOSやアプリのアップデートが怖い
  • スマホのバッテリー消費が早い
  • データを消費して追加で購入する

スマホを利用していれば誰しもがOSやアプリのアップデートに大量のデータ通信量が必要になります。

動画サイトはもちろんのこと、ネットを見ているときに動画が埋め込まれて表示されていることはありませんか?あれも知らないうちにデータ通信をしており、いつの間にか通信量が増えているということになります。

それにスマホの乗り換えやデータ引継ぎの際にもネット環境がないと困りますよね。

なので、何かしらのネット回線を検討した方がいいでしょう。

ほのボーノ
ほのボーノ
テザリングは最終手段として残しておきたい! 

4.インターネット(WiFi)付き賃貸物件で利用する

インターネットWiFi付き賃貸物件で利用する

アパートやマンションなどインターネット(WiFi)付き賃貸物件で利用する方法です。

回線速度が速くて、家賃に含まれていればいいと思いますが、なかなか厳しい面もあります。

ネット付き賃貸物件で利用するメリット

  • 家賃などに含まれていれば無料で使える

ネット付き回線の場合は、その賃貸物件にすでに付いているので無料で利用できることがメリットですね。

注意点としては、ネットが付いている代わりに家賃が高くなっている場合があるので確認が必要です。

例えば、家賃50,000円が相場な部屋があったとします。ネットが付いている代わりに家賃が55,000円だとしたら無料とはいえ結局、損していることになりますよね。

ほのボーノ
ほのボーノ
えっ!そうなの!?

ネット付き賃貸物件で利用するデメリット

  • 回線速度が遅い
  • 突然使えなくなることがある

ネット付き賃貸物件の場合、ひとつの回線を住んでいるみんなで分けるため、時間や利用人数によって回線速度が遅くなります。

通信が途切れたり、管理会社がネット環境を変更したりして突然使えなくなることがあるので、個人でネット環境を構築する方も多いです。

ほのボーノ
ほのボーノ
夜の9時以降は動画をみるのにストレスを感じることが多く非常に不便でしたよ。

無料であればとりあえず使ってみるのもありだね。

5.公衆のフリーWiFiを利用する

フリーWiFiを利用する

さいごに、公衆のフリーWiFiを利用する方法はおすすめできませんが、一応紹介しておきます。

最近では、コンビニや飲食店、駅の構内や商業施設など、フリーWiFiが飛んでいる場所も増えてきました。

偶然にも単身赴任先の部屋で公衆のフリーWiFiの電波が拾える…なんてこともあるかもしれません。

フリーWiFiのメリット

  • 完全無料
  • データ通信料の節約

仕事やプライベートのネット利用を全てフリーWiFiで利用するなんて現実的ではありませんよね。

1日の利用時間に上限を設けているWiFiもありますし、ネット環境は自分で用意するようにしましょう。

フリーWiFiのデメリット

  • 不正アクセスやウイルス
  • 回線が混み合うと通信速度が遅くなる

不特定多数の利用者がアクセスする公衆のフリーWiFiでは、不正アクセスなどの問題を避けては通れないでしょう。

暗号化されていない公衆のフリーWiFiを介してクレジットカード番号など個人情報を含む通信を行った場合、第三者に情報が漏れてしまう可能性があります。

回線が混み合い通信が遅くなるケースもありますが、それ以前にフリーWiFiだけの運用も無理がありますよね。

【補足】レンタルWiFiは高いのでおすすめしない

レンタルWiFiは短期間の利用では安く済ませることができますが、単身赴任の場合は高くなります。

短期間の海外出張や海外旅行などでレンタルを検討するのは良いですが、保険をかけていない場合修理費用が高いなどのレンタルならではのデメリットがあるので自分でネット環境を作った方がお得で使い勝手が良いです。

ほのボーノ
ほのボーノ
単身赴任や一人暮らしにはポケットWiFiがおすすめです。

つぎは、ポケットWiFiと光回線の違いを見ていきましょう! 

ポケットWiFiと光回線の違い

ポケットWiFiと光回線の違い

それでは、ポケットWiFiと光回線の違いについて見ていきましょう。

主なネット回線は2つ

ポケットWiFi
光回線

ポケットWiFiと光回線の比較表

ポケットWiFi光回線
ネット閲覧
ネット動画
オンラインゲーム
ビデオ通話
パソコン利用
外での利用×
その他費用不要WiFiルータ
(5,000円~10,000円)

インターネット回線を決めるときに大事なのは、利用する用途や場所です。

比較表を見て分かるように、オンラインゲームマニアは光回線一択。

外でも自由にネット閲覧やネット動画、ビデオ通話をしたい方はポケットWiFi一択ですね。

単身赴任中は利便性を考えるとポケットWiFiの方がよさそうです。

ポケットWiFiなら工事不要!契約から数日で利用できる

ポケットWiFi光回線
工事の必要性
賃貸会社への連絡
利用開始までの期間即日~数日2週間~1ヶ月程度

ポケットWiFiは、開通工事不要で賃貸会社への連絡も不要、契約日から数日で利用できます。

しかし、光回線の場合は、工事の立会いや賃貸会社への連絡が必要になります。

その他にも自分で光回線を引くには、光回線のサービス会社とプロバイダーを決めたり、契約や工事日の日程調整など開通までに多くの作業が必要で利用するまでに時間がかかります。

その分ポケットWiFiなら、数日で手元に届くのですぐに利用できます。

単身赴任のインターネット回線でポケットWiFiをおすすめする理由

単身赴任のインターネット回線でポケットWiFiをおすすめする理由

単身赴任のインターネット回線でポケットWiFiをおすすめする理由を見ていきましょう。

ポケットWiFiは単身赴任や一人暮らしの方におすすめ!

ポケットWiFiをおすすめする理由

工事不要ですぐネットができる
家だけでなく外でも使える
単身赴任期間が未定でも問題なし
ネットや動画もサクサク見れる
光回線よりも料金が安い
解約時の回線撤去工事も不要
スマホ代も安くできる

単身赴任で一人暮らしの方にポケットWiFiをおすすめする理由は、こんなにたくさんのメリットがあるからですね!

単身赴任先からさらに転勤になった場合、ポケットWiFiなら継続しての利用が可能ですので面倒なことはないでしょう。

これが光回線だと、解約にともない違約金や回線の撤去工事が必要になる場合もありますし、新たな転勤先で新規に光回線を契約する必要があり、手間も時間もお金も…と面倒です。

よって、単身赴任や一人暮らしにおすすめなのがポケットWiFiです。

単身赴任のインターネット回線にポケットWiFiを選ぶとトータル料金が安い!

ポケットWiFiを利用することで、外出先や移動中も常にWiFi環境を作ることができるので、スマホの料金を見直せます。

スマホのデータ通信量を低いプランに変更するか、格安SIM会社と契約することで料金を引き下げることができます。

こんな対策ができるので、「スマホ+光回線」よりも「スマホ+ポケットWiFi」のほうがトータル料金を安く抑えられるんですね。

単身赴任は2重生活になるため、いかに生活費を安く抑えるかがポイントとなります。

単身赴任なのでわざわざ光回線のインターネットを引くまでもないですし、ポケットWiFiなら手軽にインターネット回線を手に入れることができるのでおすすめです。

ほのボーノ
ほのボーノ
単身赴任の平均期間は3年って言われてるんだ。また、いつどこに転勤するのかも分からないよね。

家族みんなで使う以外はポケットWiFiで十分だね!

それでは、ポケットWiFiの選び方と比較するポイントを見ていきましょう。

ポケットWiFiの選び方!比較のポイント

ポケットWiFiの選び方と比較のポイント

ポケットWiFiの選び方と比較のポイントを解説します。

ポケットWiFi選び方のポイント

キャンペーンを含む実質月額料金
データ容量
速度制限の条件
通信速度
ポケットWiFiの端末スペック
通信エリア

1.キャンペーンを含む実質月額料金

ポケットWiFiを契約する際に1番気になるのが月額利用料金ですが、月額利用料金だけでは本当にお得なポケットWiFiを比較することはできません。

なぜなら、ポケットWiFiの契約には月額利用料金の他にキャッシュバックキャンペーンや初期費用など、実質月額費料金に影響するポイントがあるためです。

キャッシュバック額やその他の費用を含めて算出した実質月額料金で比較することが重要です。

2.データ容量

ポケットWiFiは、契約するプランによってデータ容量が決まっています。

1GBのデータ容量があれば、YouTubeだと約5時間の再生ができます。

YouTubeを毎日見るという人には小容量7GBのプランはおすすめできません。

ポケットWiFiは、50GB、100GBといった大容量のプランがおすすめです。

生活スタイルや仕事内容に合わせて、必要なデータ容量を満たすプランを選びましょう!

3.速度制限の条件

速度制限の条件としてよくあるのが「3日間で10GB」「月に100GB」という制限です。

例えば、3日間で10GB以上通信すると、翌日18時〜翌日26時まで速度制限がかかります。

月に100GBの場合だと制限を超えた日から月末まで速度制限がかかることになります。

速度制限中でも、ある程度の速度を維持しているポケットWiFiを選ぶことをおすすめします。

「月に100GB」制限の場合、その制限を超えた日から月末まで、速度が制限される

「3日間で10GB」制限の場合、制限のかかる時間や日数が限定的なので、実質無制限に近い状態でポケットWiFiを利用することができる

4.通信速度

ポケットWiFiの通信速度は、4種類の速度があります。

  • アップロード速度×最高速度
  • ダウンロード速度×最高速度
  • アップロード速度×実測値
  • ダウンロード速度×実測値

スマホなどの端末から、インターネットにデータ送信(アップロード)を行うことで「上り速度」とも言います。

インターネットからスマホなどの端末へ、データ受信(ダウンロード)を行うことで「下り速度」とも言います。

WEBサイトの閲覧や動画視聴などはダウンロードになりますので、こちらの速度の方が重要ですね。

最高速度は、「ポケットWiFiが最高のパフォーマンスを発揮した場合に出る理論値」であり、この速度が実際に出ることはありません。

ダウンロードの実測値は5~10Mbpsあれば問題なく使用できますし、どのポケットWiFiもこの基準はクリアしていますよ。

5.ポケットWiFiの端末スペック

ポケットWiFiには色々な端末(機種)がありますが、基本的には連続通信時間が長く、通信速度も速い機種を選びましょう。

モバイルバッテリーとして使用できる端末もありますよ。

6.通信エリア

ポケットWiFiには通信ができる対応エリアがあり、それ以外のエリアではインターネットに接続ができません。

現在提供されているポケットWiFiの全ての回線は、日本国内ならほぼ全域で通信できます。

しかし、山間部や一部エリアでは通信できない場合があります。

各回線の通信エリア対応マップの事前確認をおすすめします。
ほのボーノ
ほのボーノ
ポケットWiFi選びで特に重要なポイントは3つ!
・実質月額料金
・データ容量
・通信速度
比較のポイントが分かったので、比較表を確認してきましょう!

おすすめポケットWiFi10社を一括比較!

おすすめポケットWiFi10社を一括比較

※スライドで確認できます。

ポケットWiFi実質月額料金  データ容量通信速度通信回線
人気No.1
THE WiFi
3,327円(※1)100GB150MbpsクラウドSIM
人気No.2
どこよりもWiFi
3,537円(※2)100GB150MbpsドコモSIM
人気No.3
Mugen WiFi
3,438円(※3)100GB150MbpsクラウドSIM
GMOとくとくBB WiMAX3,908円無制限
※10GB/3日速度制限あり
440MbpsWiMAX / au
Broad WiMAX3,947円無制限
※10GB/3日速度制限あり
1,237Mbps WiMAX / au
それがだいじWiFi3,855円100GB150MbpsクラウドSIM
ギガWiFi3,855円100GB150MbpsクラウドSIM
ポケット
モバイル
3,855円100GB150MbpsクラウドSIM
ZEUS WiFi3,896円100GB150MbpsクラウドSIM
縛りなしWiFi
(3年縛っちゃうプラン)
4,051円10GB/3日間不明
※端末情報なし
WiMAX / au

※金額は全て税込み価格です。
(※1)THE WiFiは、4ヶ月0円キャンペーンで最安値。
(※2)どこよりもWiFiは、使ったギガの分だけ支払うので無駄がない。50GBまでの使用なら2,900円なので2位となっている。
(※3)Mugen WiFiは10,000円キャッシュバックキャンペーン利用時の金額となっています。

『WiMAX』:UQコミュニケーションズのWiMAX2+回線を利用できる

『クラウドSIM』:au・ドコモ・ソフトバンクすべての回線を利用できる

上記2つを除くドコモ・ソフトバンク・楽天モバイルの個別回線

通信回線は大きく分けると3つあります。

クラウドSIMという新技術を利用したポケットWiFiで、大手3キャリア「au・ドコモ・ソフトバンク」すべての回線を利用することができるのが大きなメリットです。

ポケットWiFiを利用しているエリアや時間帯に合わせて、最適な回線を選んで自動で接続をしてくれるため、どこにいても快適なインターネット利用が可能になります。

【実質月額料金(平均料金)の計算方法】

ポケットWiFi実質月額料金計算方法

上記の内容をもとに、最もおすすめのポケットWiFiを厳選して3社、ご紹介します。

おすすめポケットWiFi3社に厳選!

おすすめポケットWiFi3社に厳選

おすすめポケットWiFiを3社に厳選しましたので、料金・データ容量・通信速度・端末スペックを見ていきましょう。

もっと詳しく!ポケットWiFi3社の料金比較

ポケットWiFiTHE WiFiどこよりもWiFiMugen WiFi
月額料金3,828円3,400円3,718円
契約事務手数料3,300円3,300円3,300円
端末価格0円0円0円
キャンペーン4ヶ月0円なし10,000円
キャッシュバック
実質月額料金3,327円3,537円3,438円
解約違約金1~24ヶ月:10,780円
25ヶ月目以降:0円
10,450円
更新月(24ヶ月目):0円
1ヶ月:1,100円
2~11ヶ月:9,900円
12~23ヶ月:5,500円
24ヶ月目以降:0円
1年間トータル
(解約した場合)
33,924円
(44,704円)
44,100円
(54,550円)
47,916円
(53,416円)
2年間トータル
(解約した場合)
79,860円
(79,860円)
84,900円
(84,900円)
82,532円
(82,532円)
3年間トータル
(解約した場合)
125,796円
(125,796円)
125,700円
(136,150円)
127,148円
(127,148円)

※金額は全て税込み価格です。

各料金を比較すると、ポケットWiFiの「料金」という点だけに絞った場合、おすすめ順は「THE WiFi」 ⇒ 「Mugen WiFi」 ⇒ 「どこよりもWiFi」となります。

しかし、先ほどもお伝えしたとおり「どこよりもWiFi」は、50GBまでの使用であれば月額料金2,900円となるので、毎月のデータ使用量が50GB前後の方には「どこよりもWiFi」がおすすめです。

注意点は、更新月以外に解約すると解約違約金が発生するところです。

それに比べ他の2社は、2年間利用すれば違約金がかからないところがポイントですね。

次にデータ容量の比較を見ていきましょう!

さらに詳しく!ポケットWiFi3社のデータ容量比較

ポケットWiFiTHE WiFiどこよりもWiFiMugen WiFi
月のデータ量100GB100GB100GB
通信制限時の速度128kbps128kbps128kbps
通信制限の期間月末まで月末まで月末まで

データ容量や通信制限の速度については3社とも同水準ですね。

1ヶ月のデータ使用量が100GBを超えた場合は、月末まで通信速度を最大128kbpsに制限されます。

では、100GBあれば何がどのくらいできるのでしょうか。

100GBでできること
ポケットWiFi使用状況目安通信料100GB
サイトの閲覧約300KB/1ページ約1,047,000ページ
音楽のダウンロード
※約4分間の楽曲
約4MB/1曲約25,000曲
ネット動画の視聴
※高画質
約12MB/1分約130時間
ネット動画の視聴
※標準
約3.5MB/1分約470時間

100GBあれば、ほとんどの方は満足できるデータ容量なのではないでしょうか。

通信速度については、3社ともダウンロード速度150Mbpsでしたので同じになります。

ということで端末スペックを比較していきましょう。

これも大事!ポケットWiFi3社の端末スペック比較

ポケットWiFiTHE WiFiどこよりもWiFiMugen WiFi
端末THE WiFiのルーターどこよりもWiFiのルーターMugen WiFiのルーター
機種名U2sJT101U3
下り最高速度150Mbps150Mbps150Mbps
上り最高速度50Mbps50Mbps50Mbps
通信回線クラウドSIM
(au/ドコモ/ソフトバンク回線)
ドコモSIM
(ドコモ回線)
クラウドSIM
(au/ドコモ/ソフトバンク回線)
連続通信時間12時間8時間12時間
同時接続台数5台10台
推奨は5台以下
10台
海外利用
海外利用料が必要
×
海外利用料が必要

端末スペックの比較は見て頂いたように、下り最高速度、上り最高速度ともに同じです。

通信回線に違いはありますが、エリアや速度について困ることはありません。

連続通信時間や同時接続台数についてもご覧のとおり、そこまで気にする必要もありませんが順位をつけるのであれば、「Mugen WiFi」 ⇒ 「THE WiFi」 ⇒ 「どこよりもWiFi」となります。

海外で利用する場合は別途料金がかかりますので、安く利用したいのであれば現地でSIMを契約したほうがよいでしょう。

海外用に「ポケットWiFiをレンタルする方法」と「渡航先の国で使えるSIMを国内で事前に購入する方法」もありますよ。

厳選したポケットWiFi3社はこんな方におすすめ

1.THE WiFi – とにかく最安値で利用したい方におすすめ!

THE WiFi

4ヶ月0円キャンペーン!
30日間無料お試し体験実施中!

THE WiFiは、4ヶ月0円キャンペーン実施中のため最安値で利用できるポケットWiFiとなります!

通常であれば端末到着後8日以内の申請で契約キャンセルが可能ですが、THE WiFiでは30日間の無料お試し期間があり、一切の料金負担なく解約可能です。

「4ヶ月無料だし、30日間お試し期間もあるし、ポケットWiFi使ったことないのでTHE WiFiを利用してみたい」という方は、契約前に以下のページもあわせてご確認ください。

\無料でお試し!2年間利用で違約金無し!/
THE WiFiはこちら

契約者ならルーターなくても15万か所以上のWi-Fiスポット利用も可能♪

2.どこよりもWiFi – データ使用量が50GB以下になる月がある方におすすめ!

どこよりもWiFi

ピタッとプランで無駄なく利用!
たっぷり200GBまでのプランも!

どこよりもWiFiは、100GBまでのプランであれば、~5GB、~20GB、~50GB、~100GBの4パターンの料金設定がアピールポイントです!

料金設定は、5GBで900円、20GBで1,900円、50GBで2,900円、100GBで3,400円と料金を節約できます。

200GBまでのプランであれば、さらに~150GB、~200GBの合計6パターンもあります。

おすすめは100GBのスタンダードプランです。

「100GBも利用するか分からない、50GB以下でもっと安くできるのであれば」という方は、どこよりもWiFiがおすすめです。

\利用に合わせて選べる容量プラン!/
どこよりもWiFiはこちら

使ったギガの分だけ支払うから無駄がない♪

3.Mugen WiFi – 端末スペックにこだわりたい方におすすめ!

Mugen WiFi

10,000円キャッシュバック!
30日間お試し体験!

Mugen WiFiは、安さを求めている方の中でも、端末スペックが良いポケットWiFiです。端末の比較は上で解説したとうりです。

10,000円キャッシュバックがあり、2年間利用すれば解約違約金も不要なのが嬉しさのポイントです。

注意点として、30日間お試し期間で30日以内に解約する場合には返金処理手数料として1,100円がかかります。

「2年間くらいなら使うし、すこしでもスペックの良い端末にこだわりたい」という方におすすめです。

\安心できるWiFiルーター!/
Mugen WiFiはこちら

「縛りなしプラン」なら違約金0円で解約可能♪

【補足】快適さを追い求めるなら!Broad WiMAX

Broad WiMAX

ここまで料金重視でご紹介してきましたが、月の支払いが500円くらい増えようと!通信速度で快適さを追い求めたい方はBroad WiMAX一択です。

おすすめ3社との比較をしてみました!

ポケットWiFiBroad WiMAXおすすめ3社
通信速度1237Mbps 150Mbps
データ容量
月のデータ量無制限
※10GB/3日速度制限あり
100GB
通信制限時の速度1Mbps128kbps
通信制限の期間翌日の18時~26時の間のみ月末まで
端末スペック
機種名SpeedWiFiNEXT W06省略
下り最高速度1237Mbps 150Mbps
上り最高速度75Mbps50Mbps
通信回線WiMAX2+回線 au回線au/ドコモ/ソフトバンク回線
同時接続台数16台最大10台

このように、通信速度・通信制限時の速度・端末はハイスペックで性能がズバ抜けていますね。

通信制限時の速度(低速)が1Mbpsあるのがポイントです!インターネット速度の目安についてまとめました。

インターネット速度の目安
利用方法必要な速度
メール1Mbps
サイトの閲覧1Mbps
Youtube動画視聴5Mbps
4K高画質動画20Mbps
オンラインゲーム20Mbps

結局のところ価格なのか、快適さなのか、何を重視するかによってプロバイダを決める!ということになります。

Broad WiMAXは「超速ネットでたっぷり快適!」に使いたい方におすすめです。

\抜群の超速ネット!/
Broad WiMAXはこちら

満足度No.1のモバイルネット♪

まとめ:単身赴任のインターネット回線はポケットWiFiがおすすめ

単身赴任のネット回線は?

一人暮らしはポケットWiFi
ポケットWiFiは価格か快適さで選ぶ

単身赴任中の私が「単身赴任者の一人暮らしはポケットWiFiを選ぶ!」「おすすめのポケットWiFi各社」をご紹介してきました。

単身赴任の生活費の中で最も重要なのが、住宅費・食費・通信費になり、インターネット環境の構築は必須ですよね。

単身赴任でインターネット環境を整えるなら、 自由度が高く、月々の利用料が安く済むポケットWiFiが最適です。

あなたにぴったりのポケットWiFiを見つけて「ゆったりくつろげる空間を作り快適」に過ごしましょう。

ほのボーノ
ほのボーノ
単身赴任や一人暮らしについてもっと知りたい方は関連記事を見てね。 
単身赴任マニュアルを作成!経験者が教える単身赴任生活の全て
【単身赴任マニュアル】経験者が教える単身赴任生活の全て!初心者必見です単身赴任の一人暮らしに役立つ情報を発信しています!基本編、お金編、生活編、メンタル編、プレゼント編。単身赴任を予定している人も!すでに単身赴任をしている人も!単身赴任について知りたい方は必見です。 ...